ダン・シモンズ「イリアム」「オリュンポス」註解 1/4(世界編)

 久々に行くよ。シリーズものエントリー。
 その割りにネタがマニアックですがwww

 2年ぶりくらいに、シモンズの「イリアム」「オリュンポス」を通しで再読しました。
 いやー、何つうんですかね。この怒涛と言うか破天荒ぶりは凄いっすね。改めて。
 やっぱり客観的に見た場合、出来栄えとか読後の満足感は、どう考えても「ハイペリオン」シリーズのほうに軍配が上がるのですが、仕掛けの派手さとか複雑さとか訳のわからなさ(苦笑)は、イリアム2部作のほうがはるかに上。

 いや、もちろん面白かったし、大体満足はしてますよ。だからこそ、大ツッコミ特集をやろうという気になるんだし。
 と言うことで、主に自分のためだけに、この話の解釈を整理しておきたいと思います。


●本作以外の参考文献:
 ダン・シモンズ「アヴの月 9月」(SFマガジン 06年9月号)
 シェイクスピア「テンペスト」 →註と首っ引き。英語で読まないと多分全然面白くない
 シェリー「鎖を解かれたプロメテウス」 →同上。戯曲読むのは疲れるな。
 ホメロス「イーリアス」 →…読む気しねえ…

 当初は「イリアム」「オリュンポス」ごとに解説しようかと思ってましたが、タダでさえ長くて混乱する本二部作の解釈を、作品ごとにムリヤリ分けることは至難の業であることに気づきました。
 なので、ムチャクチャ長くなるのを覚悟の上で、両方いっぺんに註解してみたいと思います。

 えーと。言わずもがなですが本二部作未読の方。
 本稿はネタバレ注意と言うより、ネタバレそのものです。
 既読で、もうちょっと理解を深めたいという方のみ、以降をお読み下さい。

 4部編成でのエントリーとなります。

1.世界
2.歴史
3.疑問点・ツッコミ
4.登場人物評

 に分けて書いていきましょう。まずは「世界」編です。



1.世界

「オリュンポス」下巻巻末の訳者解説にもあるとおり、主たる舞台は3つです。

1)イリアムの地球 紀元前12世紀

 ホメロス「イーリアス」の世界。
 突如、「イーリアス」第9歌が現実の世界として現れる。紀元前12世紀にいるはずなのに、なぜか本パートの主人公ホッケンベリーや、ゼウスを初めとした神々はQT(量子テレポーテーション)などの超科学技術をやすやすと使っている。何が起こってる?
 と言うところから本作は始まるわけですが、話が進むにつれて、どうもイリアムは現代の地球にはないこと・火星にあるのかと思ったらそれも違うことなどが分かってきます。それどころか、イリアムの地球はいわゆる並行宇宙にあるらしい。
 トロイ戦争そのものではなく、何故フィクションに過ぎない「イーリアス」が再現されているのか。まあ、ここは本作最大の仕掛けに関わる部分なので、そう簡単に謎は解けません。ただし、オルフは「イリアム」中盤で既にヒントを出してるんだよなあ。今回再読して初めて分かりました。

2)現在の地球 紀元4500年ごろ(年代は矛盾だらけで特定できないらしい)
 
 短編「アヴの月 9月」を読んでいると、この世界の背景が結構分かります。
 ポスト・ヒューマン(以下PH)の庇護(?)の元、最後のファックスに至る人類達の話…から、大体1500年くらい経っているのが本二部作の世界。「アヴの月」を読んでいれば、ヴォイニックスがユダヤ人抹殺プログラムに従うこと、「最後のファックス」により、古典的人類がニュートリノ流しにあっていることなどは既に予備知識として入っているので、すんなりこの地球パートの話に入れるでしょうね。それがないと、最初は結構辛いかもしれない。実際初読のときは辛かったし
 後、ファックスシステムとQTという二つのテレポーテーションの技術的な差異が、結構重要な伏線になっているところが面白い。この辺はSF作家シモンズとしての面目躍如でしょう。

3)現在の火星

 シェイクスピア「テンペスト」+オリュンポスの世界。
 ギリシャの神々の住まうオリュンポス神殿は、実際に火星最大の火山(標高は27,000mとエベレストの3倍)オリュンポス・モンスにあるという、なんともふざけた設定になっています。
 んで、火星は思いっきりテラフォーム(環境改変)されていて、海まである。そこでLGM=ゼクがせっせと人頭像を作っていて、その人頭像のモデルはプロスペロー。エアリエルやらセテボスやら、「テンペスト」の登場人物勢ぞろいです。イリアムがホメロスの世界で、火星がシェイクスピアの世界…文学座か?

 後、モラヴェックたちの世界である木星・小惑星帯がありますが、物語の序盤にしか登場しないので割愛します。

★世界の種明かし

 まずはここをやっておかないと話が進みません。
 イリアムの地球、及びセテボス・プロスペロー・シコラックス・キャリバン・エアリエルたちを含む「テンペスト」キャラクター達は、全て

 「天才の創造力が作り出した、並行宇宙」

の産物であり、PHが行なった数々の量子実験・ワームホール濫造の結果、それらの宇宙と現在の宇宙が繋がり、彼らがこの世界に侵入してきた…と言うのが、本作の基本的な仕掛けです。
 最初読んだ時は「んなアホなオチあるかい」と思いましたが、今回の再読で感心したのは、ちゃんとそのオチに向かっていろいろと細かい伏線が張られていると言うこと。まあ、話のキモ部分ですから当たり前と言えば当たり前なんですけどね。

 さて、次はこのハチャメチャな世界に至るまでの歴史の整理です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック